2013年03月29日

チンニングが出来ない人は鉄棒で斜め懸垂でもOK


自宅でできる広背筋のトレーニングの大定番といえば懸垂
(当ブログでは厳密に言うと、自宅ではなく、近所の公園をお勧めしていますが(^^ゞ)

鉄棒と言えば大概はどこの公園にも置いてあるのではないでしょうか。
背の高い鉄棒となると、少し話は違ってきますが……

そうは言いながらも、懸垂を1セット10回とするには、
相当な筋力を必要としますので初心者の方にはハードルが高すぎるのも事実。

中には1回もできないという人も居るかもしれません。
今回はそういった方に、おススメできる広背筋のトレーニングを紹介したいと思います。

それが「斜め懸垂」です。
そうです、小学校などのスポーツテストでやるアレです。
(今でもやっているのでしょうか……少なくとも管理人の幼少期には存在していましたが…)

斜め懸垂には背の低い、一般的な鉄棒さえあればできますので
どこの公園でもできるのではないでしょうかね。

広背筋もとても大きな筋肉の1つです。
こえから減量を。と考えている人は是非とも鍛えておきたい筋肉。

そして、日頃運動をしない人にとって、広背筋(特に肩甲骨周辺)は
あまり使わない筋肉ですので、短期間で成果が出やすい個所でもあります。

チンニングなんて無理でしょ。と諦めていた人は一度お試しください。

では斜め懸垂の注意事項を何点か。
◆腕の力は使わない
 広背筋のトレーニングです。腕を曲げ伸ばしするときは腕の力を
 使わない様にしましょう。腕を曲げる時は、肩甲骨を中央に寄せる。
 腕を伸ばす時は肩甲骨を両端に開くといった具合です。

◆背中は自然に反らす
 腕を曲げ伸ばしするときに、広背筋に負荷が掛かる様にするために
 背中は自然な感じで反らすようにしましょう。

posted by ちょめすけ at 16:00| Comment(0) | 動画◎背筋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。