2013年07月26日

公園でチンニング

鍛える事がもっとも難しいと言われている筋肉。

そのうちの1つが広背筋。そう、背中の上部の筋肉です。
実際にやってみるとわかるのですが、本当に難しい。

定番のメニューとしては、ワンハンドロウイング、ラットプルダウン、
ケーブルロウ、チンニングなどがあります。

なかでも、自宅で取り組みやすいメニューとして「チンニング」いわゆる懸垂があります。

懸垂の何が取り組みやすいか?
確かに、自宅でやるには厳しいかもしれません。

皆さんのご近所に公園はありませんか??なかでも、高い鉄棒があれば完璧。
たとえ低くても、工夫次第ではチンニングに近いメニューをこなすことができます。

恥ずかしいなんて言ってられません。筋トレ第一です(笑)

どうしても恥ずかしいというのであれば、早朝、もしくは夜間など
人の少ない時間帯を狙うといいでしょう。

管理人は大概、夜中にジョギング行く時についでにチンニングをやっています。

最初のうちは数がこなせないかもしれませんが、あわてることはありません。
自分の限界数×3〜5セット程度こなせば、徐々に筋力はあがっていきます。

薄着の機会が増える夏こそ、しっかりと背中を鍛えておきましょう。
腹筋と一緒に鍛えることで、身体のバランスもよくなり
怪我や腰痛のリスクが低くなります。




上半身はこれでバッチリ
posted by ちょめすけ at 00:11| Comment(0) | 動画◎背筋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。