2013年09月16日

バランスボールを使って内転筋を鍛える

中々鍛え難い部位の一つに内転筋という筋肉があります。

これは、腿の内側にある筋肉なのですが、歩いたりするときなど
日常生活ではあまり使うことがありません。

ただ、ここを鍛えておくと太りにくく、そして疲れにくい身体が手に入りますので
是非とも鍛えておきたい部位の一つでもあります。

今回は、バランスボールを使って内転筋を鍛える方法を紹介したいと思います。
やり方は至ってシンプル。

仰向けに寝転がった状態でバランスボールを足の間に挟みこみます。
そして、ボールを押し潰すように力を入れます。
力を入れ続ける時間は10秒間を目安にしましょう。

ギューっと、内腿に力をいれて10秒間力を入れ続けましょう。
そしたら1分休憩します。1分後、また10秒間力を入れます。

これを3〜5セットやりましょう。
慣れてきたら、10秒を15秒、20秒と時間を延ばしていきましょう。



posted by ちょめすけ at 11:06| Comment(0) | 動画◎下半身 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。