2013年11月01日

ダンベルベンチプレスで大胸筋強化


以前、脱自重トレーニングという記事を紹介したかと思います。
しばらくは、ダンベル+フラットベンチを使ったトレーニングを扱っていこうかなと。

今回はダンベル+フラットベンチを使ったトレーニング
「ダンベルベンチプレス」を紹介します。

筋トレのBIG3の1つであるベンチプレスを
家でやってしまおうというものです。

ベンチプレスは上半身の筋肉の約8割を鍛える事ができると言われています。
まずは全身をくまなく鍛えたいと思っている人にはうってつけ。

脱自重をはかったからには、とりあえずメインでやっとけってな感じのメニューです。

◆足はしっかりと地面につける
 ベンチプレスをやるとき、足を地面から浮かせる人がいますが
 しっかりと足を地面につける様にしましょう。
 足を地面から浮かせてしまうと大胸筋から負荷が逃げてしまいます。

◆胸を張り肩甲骨を寄せておく
 トレーニングする時は、しっかりと胸をはり、肩甲骨は
 中央に寄せておきましょう。肩甲骨を中央に寄せた状態で
 トレーニングすることで、大胸筋にしっかりと刺激が行きます。

◆肩を痛めない様に注意
 ダンベルをおろしたとき、ダンベルとダンベルを結ぶ線が
 乳首の上に来るようにしましょう。
 乳首よりも首によると、肩に負荷が行ってしまい怪我するかもしれません。
 また、乳首よりもお腹側によると負荷が逃げてしまいます。

posted by ちょめすけ at 22:35| Comment(0) | 動画◎胸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。