2013年11月14日

ワンハンドロウイングで広背筋強化


フラットベンチとダンベルが自宅にあれば、
もうニヤニヤが止まりませんよね。

スポーツセンターに行かなくても、
本格的なトレーニングが自宅でできてしまいます。

たまに、気分転換としてスポーツセンターに行くのは良いと思いますが…
今回は、そんな自宅で広背筋を鍛えるメニュー
「ワンハンドロウイング」について紹介したいと思います。

自宅で広背筋を鍛えるというのは、実は中々難しい事で、
チンニングスタンドを用意する。
あるいは、ダンベル+フラットベンチを用意する。

といった感じで、ある程度器具が揃ってないと鍛える事ができません。
そのうえ、そもそも鍛える事が非常に難しいという……

広背筋を鍛えるうえで肝となるのは「肩甲骨」
肩甲骨を中央に寄せたり、離したりという動作がが
スムーズにできるかどうかが大切になってきます。

ワンハンドロウイングの、ざっくりとした動きは動画の通り。
気を付けたい注意点を何点か以下に記載します。

◆背すじは伸ばす
 ワンハンドロウイング中は、しっかりと背すじを伸ばします。
 視線を前に向けると、上手く行きやすいかと。

◆肩甲骨をしっかり動かす
 ダンベルを持ち上げる時に肩甲骨を中央に寄せる。
 おろす時には、中央から離すといった感じで
 肩甲骨を動かして、広背筋に刺激が行くようにしましょう。



握力がなくなっても、しっかりとダンベルをキープ
posted by ちょめすけ at 00:17| Comment(0) | 動画◎背筋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。