2013年11月17日

ダンベルショルダープレスで肩を強化する


今回もダンベル+フラットベンチのトレーニングについて触れてみたいと思います。
今回触れるメニューの場合、フラットベンチは要らないかもしれませんが……

今回のテーマは「肩」を鍛える「ショルダープレス」について紹介したいと思います。

管理人は学生時代からずーっとバレーボールをやっているため、
この肩のトレーニングは必須。定期的にやっておかないと、練習時に
すぐ痛くなってしまいます…

特に30歳を過ぎてからというもの筋力、体力の低下速度が早いこと早いこと…
あくまで管理人の場合、肩にかんしては筋肥大が目的ではありませんので、
中負荷高回数を意識していますので、大概はトレーニングチューブを使って
ショルダープレスをやっています。

少し話がそれましたが、まぁそれぐらい肩の筋肉は衰えるのが
早いと言う事が言いたかっただけです(^^ゞ

どんな仕事をしているのか?ということにも関わってきますが、
デスクワークが主の管理人の場合は、こんな感じです。

◆スタートポジションに気を付ける
 ショルダープレスのスタートポジションは、二の腕が水平になった状態。
 つまり、肘が肩の横に来る高さです。
 この位置を守りましょう。肘が、肩より下がった位置をスタートポジションと
 すると、肩を痛める原因となりますので注意が必要です。

◆おろす時こそゆっくりと
 腕を伸ばし切った後、スタートポジションに戻る時も注意が必要。
 重力に任せて一気におろしてはいけません。
 肩の力を使ってゆっくりと元の位置に戻りましょう。
 ショルダープレスを成功させるか否かは、この腕をおろす時に
 かかっていると言っても過言ではありません。
 むしろ、腕を伸ばす時よりも、腕を曲げる時の方が筋力を使うからです。



筋トレのお供に
posted by ちょめすけ at 12:00| Comment(0) | 動画◎肩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。