2013年11月23日

減量を意識するならまずは食事制限から


さてさて今日は一風変わってテーマについて触れてみたいと思います。

当ブログに来てくれる方の目的は大きく2つに分かれていると思います。
@筋トレをしたいんだけど、スポーツセンターなどには行きたくない。
Aダイエット(減量)するには筋トレ必須と聞いた。
 とりあえず自宅でできるトレーニングは無いだろうか?

減量の為に、筋トレをして筋肉をつけて基礎代謝を上げる。
これはこれで間違いではありません。

今回は減量と食事の関係についてちょっと考えてみたいと思います。

まず、なぜ太るかという事を考えてみると……
人間は生きているだけでエネルギーを消費します。
これがいわゆる基礎代謝と呼ばれるもの。

その他に、運動や通勤通学など、身体を動かす事で消費するエネルギーがあります。
1日単位で見た時に基礎代謝+運動などで消費したエネルギー=1日の消費カロリー

となります。反対に食事や間食はカロリーを摂取する事となります。

これを1日単位でみると……
摂取カロリー>消費カロリー となれば、消費しきれなかったカロリーは
体内に蓄積されます。つまり太ります。

摂取カロリー<消費カロリー となれば、消費する為に足りないカロリーは
体内の脂肪から作り出されます。つまり痩せます。

つまり、減量するのであれば、毎日「摂取カロリー<消費カロリー」の関係を
続けていかなくてはならないという事になります。

そして減量を成功させる秘訣の1つが「食事制限」になります。
「今日は運動したから少しぐらい……」と、間食したり、いつもより多めに
ご飯を食べたりしたことはありませんか?

思い通りに減量できない!と言っている人に限って、
なんだかんだと言って、食べている事が多いのです(^^ゞ

一概には言えませんが、一例として…
体重70sの人がジョギング30分(5km程度)で消費するカロリーは350kcal

これは菓子パン1個分のカロリーに相当します。

そう。運動して消費するカロリーは、たかだか知れているのです(^^ゞ
減量を効率良く進めて行こうと思うのであれば、
実は食事制限を真っ先に考えた方が良いのです。

ここで勘違いしていけはいけないのは「ご飯を抜く」というのはやってはダメということ。
減量の基本は3食しっかり食べること。

そのなかで、少しずつ量を減らせばいいのです。
例えば白米をいつもより2口分少なくする。
食べるお肉の量を少し減らす。などです。

これを守った上で、トレーニングや有酸素運動を取り入れると
より効果的に減量する事ができます。

トレーニングしてるのに、有酸素運動してるのに体重が落ちないと
悩んでいる人は、一度自分の食生活を見直してはいかがでしょうか。

ジョギング中に音楽を聴いても邪魔にならないウォークマン
posted by ちょめすけ at 09:00| Comment(0) | 筋トレと食生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。