2013年12月08日

ダンベルサイドランジでも鍛えれる内転筋


今回も再び内転筋を鍛えるトレーニングに着目したいと思います。
筋肥大において大切な事の1つに「多方向から刺激を与える」というのがあります。

つまり1つの筋肉を鍛えるのに複数のメニューをこなした方が良いという事。
例えば、上腕二頭筋を鍛えるのであれば、アームカール、ハンマーカール、コンセントレーションカール。
大胸筋を鍛えるのであれば、ベンチプレス、インクラインベンチプレス、デクラインベンチプレス。

と言った感じです。

前回は内転筋を鍛えるメニューの1つとして、スモウデッドリフトを紹介しましたが、
今回はサイドランジを紹介したいと思います。

サイドランジは簡単に言うと、横に沈むランジです。
通常のランジが足を前に出して沈むのに対し、サイドランジはその名の通り
足を横に出して沈み込みます。

左右の動きが求められるスポーツには有効となるトレーニングです。
まぁ、大概のスポーツは前後左右、時には上下の動きが求められるので
内転筋は鍛えておくに越したことはありません。

ダンベルなしの自重でも十分効果は期待できますが、自重に慣れた人は
ダンベルを持ってサイドランジをやりましょう。

◆つま先は45度
 足を横に出したとき、つま先は体に対して45度の角度で外側に向けましょう。
 内側に向けたり、真っ直ぐ前を向いていると怪我する可能性があります。

◆上体はまっすぐ
 スモウデッドリフト同様にサイドランジ中は上体は地面に対して
 真っ直ぐ垂直となる様にしましょう。



ダンベルはしっかりと固定する
posted by ちょめすけ at 12:00| Comment(0) | 動画◎下半身 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。