2013年12月21日

リストストラップで握力補助。強度の高いトレーニングを実践する。


自重トレーニングを卒業し、ダンベルを扱うようになると
ちょっと困った問題が出て来ます。

それは
「ダンベルを支えきれなくなり、本来鍛えたい部位が鍛えれない」

ということ。具体的にはダンベルを持っている手の握力がヘタってしまい
ダンベルを持っている事ができなくなるのです。

そんなことあるの?と思うかもしれませんが、
扱う重量が20kgや30sになってくると、こんなことがありえるんですね。
10kg程度の負荷でも、セットを重ねて、筋肉が披露してくると……
同様の事象が起き得ます。

握力がヘタってしまうことで本来鍛えたい部位のトレーニングができない。
こんな勿体ない事はありません。

そこで活躍するのがリストストラップと呼ばれる筋トレアイテム。
今回の様なケースの場合、ダンベルにぐるぐると巻くことで
握力がヘタってしまっても、リストストラップのおかげで
ダンベルを支えれなくなるという事がありません。

最後の最後までトレーニングを続ける事ができます。
ダンベルトレーニングに限らず、チンニングをやるときにも大活躍。

チンニングの回数が中々こなせないと言う人は、騙されたと思って
リストストラップを使ってみてください。
出来る回数が1、2回は増えると思います。

これは1セット目よりも2セット目以降を考えると効果がわかるかと。
しっかりと筋肉に刺激を与え、怪我を予防する。と言う意味でも
こういった筋トレグッズは非常に重要な役割を持っているのです。


posted by ちょめすけ at 10:00| Comment(0) | 筋トレの雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。