2013年02月17日

腹筋を鍛えるならクランチが良い

筋トレを始めるか。

と考える人のきっかけとなる多くの場合は……「お腹の肉」

ではないでしょうか。違う人も居るとは思いますが(^^ゞ

脂肪が一番最初に付く場所と言えば、どうしてもお腹になりますので
目立ってしまいますよね。

今日は、そんなお腹を鍛える筋トレを紹介したいと思います。

厳密に言うと、お腹についた肉を落とすには筋トレだけでは落ちないのですが、
それはまた別の機会に……

本ブログの趣旨である「自宅で」となると、やはり外せないのが
今日紹介する「クランチ」ですね。一番スタンダードな
腹筋のトレーニングなので知らない人は居ないんじゃないでしょうか。

なので、小難しい説明は要らないかと……
とは言え、正しい姿勢でやらないトレーニングほど無駄なものは
ありませんので、注意時点を何点か記載しておきます。

◆視線はおへそ
 このトレーニングの肝はしっかりとお腹の筋肉を使うこと。
 よく、辛くなってくると上を向いたりして視線を
 お腹から逸らす人が居ますが、これは避けた方が良いです。
 辛い時こそ、しっかりとおへそを見据えて腹筋を使って居る事を意識しましょう。
 
◆反動をつけない
 反動をつけると、その分筋肉への刺激が減ってしまいます。
 1回1回、きちんと自分の筋力を使うようにしましょう。
 量よりも質が大切です。

 例えば1セットで10回が辛いなら、1セットを8回や6回に減らして
 「正しいフォーム」でできる限界数にしましょう。



posted by ちょめすけ at 08:00| Comment(0) | 動画◎腹筋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。